SonoSim製品

DMSプログラムを支援するための超音波トレーニング

SonoSim製品

DMSプログラムを支援するための超音波トレーニング

160を超えるDMSプログラムに実装されたSonoSim超音波トレーニングソリューションは、コンピューターをオンデマンドの超音波トレーニングプラットフォームに変換し、75以上のピアレビューコース、知識評価、700以上の実際の患者の症例と病状のハンズオンスキャンを提供します。

いつでもどこでも実際の患者をスキャンする

SonoSim超音波トレーニングソリューション

各モジュールは、SonoSimulatorを使用した教訓コース、パフォーマンストラッキング、およびスキャンを提供します。 75の経膣スキャン症例を含む、数百の正常および病理学的な実際の患者の症例をスキャンします。

画像の取得と解釈を支援する仮想家庭教師と一緒に、急性虫垂炎、重度の弁逆流、単純および複雑な卵巣嚢胞、双子の妊娠など、さまざまな病状をスキャンします。

いつでもどこでも実際の患者をスキャンする

SonoSim超音波トレーニングソリューション

CAAHEPの基準を満たすのに役立つカリキュラムロードマップ

特許取得済みのSonoSimUltrasound Training Solutionは、DMSプログラムが一般的な学習濃度(腹部、OB / GYN、表面部品、およびMSK)および成人の心臓学習濃度に関するCAAHEPの基準とガイドラインを満たすのを支援します。 75以上のモジュールを備えたSonoSimは、DMSプログラムがすべてのレベルの学習者にトレーニングを提供するのを支援し、ARDMS専門試験の準備を支援します。

腹部(AB)検査

超音波の基礎:コア臨床モジュール 超音波の基礎:コア臨床モジュール
副腎:解剖学および生理学モジュール 副腎:解剖学および生理学モジュール
大動脈/ IVC:解剖学および生理学モジュール 大動脈/ IVC:解剖学および生理学モジュール
大動脈/ IVC:コア臨床モジュール 大動脈/ IVC:コア臨床モジュール
胆道樹:解剖学および生理学モジュール 胆道樹:解剖学および生理学モジュール
腸/胆管:コア臨床モジュール 腸/胆管:コア臨床モジュール
膀胱:解剖学および生理学モジュール 膀胱:解剖学および生理学モジュール
膀胱:コア臨床モジュール 膀胱:コア臨床モジュール
消化管:解剖学および生理学モジュール 消化管:解剖学および生理学モジュール
肝臓:解剖学および生理学モジュール 肝臓:解剖学および生理学モジュール
膵臓:解剖学および生理学モジュール 膵臓:解剖学および生理学モジュール
前立腺:解剖学および生理学モジュール 前立腺:解剖学および生理学モジュール
腎臓:解剖学および生理学モジュール 腎臓:解剖学および生理学モジュール
腎臓:コア臨床モジュール 腎臓:コア臨床モジュール
陰嚢:解剖学および生理学モジュール 陰嚢:解剖学および生理学モジュール
軟部組織:解剖学および生理学モジュール 軟部組織:解剖学および生理学モジュール
軟部組織:コア臨床モジュール 軟部組織:コア臨床モジュール
脾臓:解剖学および生理学モジュール 脾臓:解剖学および生理学モジュール
甲状腺:解剖学および生理学モジュール 甲状腺:解剖学および生理学モジュール

産婦人科(OB / GYN)検査

超音波の基礎:コア臨床モジュール 超音波の基礎:コア臨床モジュール
女性の骨盤:解剖学および生理学モジュール 女性の骨盤:解剖学および生理学モジュール
OB / GYN:コア臨床モジュール OB / GYN:コア臨床モジュール
妊娠初期:高度な臨床モジュール 妊娠初期:高度な臨床モジュール
第XNUMXおよび第XNUMX学期の妊娠–パートI:高度な臨床モジュール 第XNUMXおよび第XNUMX学期の妊娠–パートI:高度な臨床モジュール
第XNUMXおよび第XNUMX学期の妊娠–パートII:高度な臨床モジュール 第XNUMXおよび第XNUMX学期の妊娠–パートII:高度な臨床モジュール
妊娠していない正常な子宮のGYN超音波:高度な臨床モジュール 妊娠していない正常な子宮のGYN超音波:高度な臨床モジュール
妊娠していない異常な子宮のGYN超音波–パートI:高度な臨床モジュール 妊娠していない異常な子宮のGYN超音波–パートI:高度な臨床モジュール
妊娠していない異常な子宮のGYN超音波–パートII:高度な臨床モジュール 妊娠していない異常な子宮のGYN超音波–パートII:高度な臨床モジュール
GYN超音波正常付属器:高度な臨床モジュール GYN超音波正常付属器:高度な臨床モジュール
GYN超音波非悪性付属器の状態:高度な臨床モジュール GYN超音波非悪性付属器の状態:高度な臨床モジュール
GYN超音波悪性付属器の状態:高度な臨床モジュール GYN超音波悪性付属器の状態:高度な臨床モジュール

筋骨格超音波検査士(MSKS)検査

超音波の基礎:コア臨床モジュール 超音波の基礎:コア臨床モジュール
MSKの紹介:解剖学および生理学モジュール MSKの紹介:解剖学および生理学モジュール
足首:解剖学および生理学モジュール 足首:解剖学および生理学モジュール
肘:解剖学および生理学モジュール 肘:解剖学および生理学モジュール
足:解剖学および生理学モジュール 足:解剖学および生理学モジュール
手と指:解剖学と生理学のモジュール 手と指:解剖学と生理学のモジュール
ヒップ:解剖学および生理学モジュール ヒップ:解剖学および生理学モジュール
膝:解剖学および生理学モジュール 膝:解剖学および生理学モジュール
筋骨格系:コア臨床モジュール 筋骨格系:コア臨床モジュール
肩:解剖学および生理学モジュール 肩:解剖学および生理学モジュール
軟部組織:解剖学および生理学モジュール 軟部組織:解剖学および生理学モジュール
軟部組織:コア臨床モジュール 軟部組織:コア臨床モジュール
脊椎:解剖学および生理学モジュール 脊椎:解剖学および生理学モジュール
手首:解剖学および生理学モジュール 手首:解剖学および生理学モジュール
肩鎖関節の注射と吸引:手順モジュール 肩鎖関節の注射と吸引:手順モジュール
上腕二頭筋腱鞘注射:手順モジュール 上腕二頭筋腱鞘注射:手順モジュール
肩関節注射および吸引:手順モジュール 肩関節注射および吸引:手順モジュール
肩峰下滑液包-滑液包注射および吸引:手順モジュール 肩峰下滑液包-滑液包注射および吸引:手順モジュール

血管技術(VT)検査

超音波の基礎:コア臨床モジュール 超音波の基礎:コア臨床モジュール
大動脈/ IVC:解剖学および生理学モジュール 大動脈/ IVC:解剖学および生理学モジュール
大動脈/ IVC:コア臨床モジュール 大動脈/ IVC:コア臨床モジュール
腕-動脈:解剖学および生理学モジュール 腕-動脈:解剖学および生理学モジュール
腕-静脈:解剖学および生理学モジュール 腕-静脈:解剖学および生理学モジュール
脳血管:解剖学および生理学モジュール 脳血管:解剖学および生理学モジュール
DVT –下肢:コア臨床モジュール DVT –下肢:コア臨床モジュール
脚-動脈:解剖学および生理学モジュール 脚-動脈:解剖学および生理学モジュール
脚静脈:解剖学および生理学モジュール 脚静脈:解剖学および生理学モジュール
透析アクセスの術前計画のための血管マッピング:高度な臨床モジュール 透析アクセスの術前計画のための血管マッピング:高度な臨床モジュール

成人心エコー検査(AE)検査

超音波の基礎:コア臨床モジュール 超音波の基礎:コア臨床モジュール
大動脈/ IVC:解剖学および生理学モジュール 大動脈/ IVC:解剖学および生理学モジュール
大動脈/ IVC:コア臨床モジュール 大動脈/ IVC:コア臨床モジュール
心臓:解剖学および生理学モジュール 心臓:解剖学および生理学モジュール
心臓病学:コア臨床モジュール 心臓病学:コア臨床モジュール
集中心臓超音波(FoCUS)–パートI:高度な臨床モジュール 集中心臓超音波(FoCUS)–パートI:高度な臨床モジュール
集中心臓超音波(FoCUS)–パートII:高度な臨床モジュール 集中心臓超音波(FoCUS)–パートII:高度な臨床モジュール

小児超音波検査(PS)検査

超音波の基礎:コア臨床モジュール 超音波の基礎:コア臨床モジュール
新生児および乳児のニューロソノグラフィー:高度な臨床モジュール 新生児および乳児のニューロソノグラフィー:高度な臨床モジュール

乳房(BR)検査

超音波の基礎:コア臨床モジュール 超音波の基礎:コア臨床モジュール
乳房:解剖学および生理学モジュール 乳房:解剖学および生理学モジュール

サンプルコース概要

乳房:解剖学および生理学モジュール

乳房:解剖学および生理学

  • レッスン:はじめに
    • 学習者への開示
    • 乳房超音波
    • コースの目的
  • レッスン:解剖学
    • 機能的解剖学
    • 解剖学的層
    • 血管系およびリンパ管
  • レッスン:乳房生理学
    • 乳房生理学
    • 授乳生理学
  • レッスン:超音波解剖学
    • 超音波検査の特徴
    • スキンレイヤー
    • 皮下層
    • 乳腺層
    • 乳房後層
    • 加齢に伴う乳房の変化
    • 通常の解剖学的変異
  • レッスン:超音波検査技術
    • トランスデューサーの選択と設定
    • 患者のポジショニング
    • スキャンパターンとドキュメント
    • 象限スキャン技術
    • 乳頭-肺胞複合スキャン技術
    • 腋窩尾スキャン技術
    • 超音波画像技術
    • 真珠と落とし穴
  • レッスン:まとめ
    • コース概要
集中心臓超音波(FoCUS)–パートI:高度な臨床モジュール

集中心臓超音波(FoCUS)-パートII:高度な臨床モジュール

  • レッスン:はじめに
    • 集中心臓超音波入門
    • コースの目的
    • 各部の名称
    • 焦点を絞った心臓超音波の適応症
    • 包括的な心エコー検査
    • 包括的な心エコー検査の適応
  • レッスン:解剖学と生理学
    • 心室収縮
    • 心臓拡張期
    • 心臓弁
    • 左心と右心
    • 大動脈弁の解剖学
    • 僧帽弁の解剖学
    • 三尖弁の解剖学
  • レッスン:トランスデューサーの選択と機械の設定
    • トランスデューサーの選択
    • ドップラーコントロール
    • 流速測定とECGゲーティング
  • レッスン:心エコー検査技術
    • 心エコー画像ビュー
    • 大動脈弁:胸骨傍窓
    • アピカルXNUMXチャンバービュー
    • 大動脈弁:心尖部XNUMX腔像
    • アピカルXNUMXチャンバービュー:イメージング技術
    • アピカルXNUMXチャンバービュー
    • アピカルXNUMXチャンバービュー:イメージング技術
    • アピカルスリーチャンバービュー
    • 大動脈弁:心尖部XNUMX腔像
    • アピカルスリーチャンバービュー:イメージング技術
    • アピカルスリーチャンバービュー:流量測定
    • 右心室流入ビュー
    • 右心室流入ビュー:イメージング技術
    • 右心室流入ビュー:三尖弁逆流
    • 右心室流出ビュー
    • 胸骨上窩ウィンドウ
    • 胸骨上窩ウィンドウ:長軸ビュー
    • 胸骨上ノッチウィンドウ:長軸ビューイメージング技術
    • 胸骨上窩ウィンドウ:イメージングのヒント
    • 心腔のサイズと機能の評価
    • 左心室の容積と駆出率の評価
  • レッスン:ドップラーイメージング
    • カラードップラー
    • カラードップラー物理学
    • スペクトルドップラー機器
    • スペクトルドップラー時間-速度グラフ
    • スペクトル波形
    • スペクトルドップラー時間-速度曲線の形態
    • パルス波対連続波ドップラー
    • スペクトルドップラー:左心室流出
    • スペクトルドップラー:左心室流入
    • スペクトルドップラー:右心室流出
    • スペクトルドップラー:右心室流入
    • カラーフロードップラー:はじめに
    • カラーフロードップラー:分散
    • カラーフロードップラー:イメージングの推奨事項
    • カラーフロードップラー:左右の心室流出
    • カラーフロードップラー:左右の心室流入
  • レッスン:弁逆流
    • 創業の背景
    • 流体力学
    • 病態生理学
    • 心エコー検査
    • カラーフローおよびスペクトルドップラーイメージング
    • カラーフロードップラーイメージング
    • ベナコントラクト幅
    • 流れ収束帯
    • カラードップラーイメージングの最適化
    • カラーフロードップラー評価の落とし穴
    • 面積測定
    • チャンバーのサイズと機能
    • 心腔分析
    • 生理的弁逆流
    • 経営管理部門
  • レッスン:大動脈弁逆流
    • 創業の背景
    • 大動脈弁逆流:病態生理学
    • 大動脈弁逆流:解剖学的検査
    • 大動脈弁逆流:ドップラー検査
    • 大動脈弁逆流:左心室検査
    • 重症度分類:軽度の大動脈弁逆流
    • 重症度分類:中等度から重度の大動脈弁逆流
    • 僧帽弁尖の全吻合流反転および逆ドーミング
    • 重大度の分類:Mモードイメージング
    • 大動脈弁逆流の重症度分類:スペクトルドップラーグラフ
    • 大動脈弁置換基準
  • レッスン:僧帽弁逆流:
    • 創業の背景
    • 僧帽弁逆流:分類
    • 僧帽弁逆流:血行動態
    • 僧帽弁逸脱症
    • 僧帽弁逆流:心エコー検査の役割
    • 僧帽弁逆流:心エコー検査
    • 僧帽弁逆流:重症度分類
    • 僧帽弁逆流の重症度分類:VenaContracta測定
    • 僧帽弁逆流:代替の定量的技術
    • 僧帽弁逆流:管理
  • レッスン:三尖弁逆流:
    • 創業の背景
    • 三尖弁逆流:病因
    • 三尖弁逆流:心エコー検査
    • 三尖弁逆流:イメージングウィンドウ
    • 三尖弁逆流:重症度分類
    • 生理学的三尖弁逆流
    • 三尖弁逆流:重症度分類
    • 三尖弁逆流:代替診断技術
    • 三尖弁逆流:ピーク肺圧測定
    • 三尖弁逆流:右心房圧の推定
    • 三尖弁逆流:下大静脈イメージング
    • 三尖弁逆流:管理
  • レッスン:肺動脈弁閉鎖不全症:
    • 創業の背景
    • 肺動脈弁閉鎖不全症:心エコー評価
  • レッスン:弁狭窄症
    • 創業の背景
    • 流体力学
    • 通常の生理学的所見
    • 経営管理部門
  • レッスン:大動脈弁狭窄症:
    • 創業の背景
    • 大動脈弁狭窄症:病因
    • 大動脈二尖弁
    • 大動脈弁狭窄症:生理学
    • 大動脈弁狭窄症:心エコー検査の役割
    • 大動脈弁狭窄症:経胸壁心エコー検査
    • 大動脈弁狭窄症:イメージングおよび測定技術
    • 大動脈弁狭窄症:ジェット速度曲線
    • 大動脈弁狭窄症:平均経大動脈圧勾配
    • 大動脈弁狭窄症:弁領域
    • 大動脈弁狭窄症:チャンバーのサイズと機能
    • 大動脈弁狭窄症:イメージングのヒントと落とし穴
    • 大動脈弁狭窄症:鑑別診断
    • 大動脈弁狭窄症:重症度分類
    • 大動脈弁狭窄症:臨床的意義
  • レッスン:僧帽弁狭窄症:
    • 創業の背景
    • 僧帽弁狭窄症:分類
    • 僧帽弁狭窄症:心エコー検査
    • 僧帽弁狭窄症:重症度分類
    • 僧帽弁狭窄症:チャンバーのサイズと機能
    • 僧帽弁狭窄症:管理
  • レッスン:三尖弁狭窄症:
    • 創業の背景
    • 三尖弁狭窄症:評価と管理
  • レッスン:肺動脈弁狭窄症
    • 肺動脈弁狭窄症
  • レッスン:まとめ
    • サマリー
妊娠していない正常な子宮のGYN超音波:高度な臨床モジュール

GYN超音波正常付属器:高度な臨床モジュール

  • レッスン:はじめに
    • 正常な付属器の婦人科超音波の紹介
    • 超音波の利点
  • レッスン:付属器の解剖学
    • 女性の骨盤の解剖学:冠状面
    • 女性の骨盤の解剖学:軸方向のビュー
    • 卵巣組織学
    • 卵巣の寸法
    • 卵管
    • 生殖管靭帯
    • 生殖管血管系
  • レッスン:女性の骨盤生理学
    • 子宮組織生理学
    • 組織生理学:月経周期
    • 組織生理学:卵巣周期
    • 各部の名称
    • 生理的遊離液
  • レッスン:一般的な考慮事項
    • 概要
  • レッスン:超音波画像技術
    • 付属器超音波入門
    • イメージング技術
    • 経腹的テクニック
    • 経膣技術
  • レッスン:超音波解剖学
    • 通常の卵巣
    • 正常な卵巣:卵胞期
    • 正常な卵巣:黄体期
    • コーパスルテウム
    • 隣接する遊離液を伴う卵巣
    • 卵巣および内腸骨(下腹部)静脈
    • 卵管
    • 広間膜
  • レッスン:超音波検査
    • 卵巣の評価
    • 卵巣内のエコー源性病巣
    • 卵巣:サイズと場所
    • 卵巣:パワー&カラーフロードップラー検査
    • 卵巣:パルス波ドップラー
    • 卵管の評価
    • 付属器の超音波検査:ローカリゼーション
    • 付属器の超音波検査:右卵巣
    • 付属器の超音波検査:左卵巣
    • 閉経後の卵巣
  • レッスン:ケーススタディ
    • 一般的な付属器の大衆
    • ケーススタディ:正常な卵胞
    • ケーススタディ:単純な卵巣嚢胞
    • ケーススタディ:出血性嚢胞
  • レッスン:まとめ
    • コース概要
筋骨格系:コア臨床モジュール

筋骨格系:コアクリニカル

  • レッスン:はじめに
    • 始めに
    • 学習者への開示
    • 超音波診断装置
    • コースの目的
    • 一般原理
    • 超音波用語
    • 入射角
    • 異方性アーティファクト
  • レッスン:解剖学
    • 解剖学レビュー
    • 軟部組織
    • 骨格筋
    • 靭帯と腱
    • 硬組織
    • 軟骨
  • レッスン:超音波解剖学
    • 表面の軟組織
    • 筋肉:長軸
    • 筋肉:短軸
    • ふくらはぎの筋肉
    • 筋肉の病理学:筋肉の破裂
    • 異方性
    • 動的腱イメージング
    • 腱病理学の命名法
    • 腱変性
    • 腱鞘炎
    • 腱の裂け目
    • 通常の骨
    • 骨:皮質骨折
    • 骨折:文献レビュー
    • 関節
    • 関節:文献レビュー
  • レッスン:超音波検査技術
    • トランスデューサーの選択
    • トランスデューサーの形状
    • トランスデューサーの長さ
    • トランスデューサーの向き
    • 直交走査面
    • 骨のイメージング
    • 筋肉イメージング:短軸
    • 筋肉イメージング:長軸
    • 腱イメージング
    • 部分腱断裂
    • 腱断裂を完了する
    • ジョイントイメージング
    • 肩関節脱臼の評価
    • 股関節イメージング
    • 股関節滲出液イメージング
    • 関節穿刺:肘
    • 関節穿刺:膝
  • レッスン:イメージングのヒントと落とし穴
    • ウォーターバス&スタンドオフパッド
    • 水浴
    • イメージングのヒント
  • レッスン:ケーススタディ
    • 大腿血腫
    • 著名な腰筋
    • 腰筋血腫
    • ふくらはぎ血腫
    • ふくらはぎ異物
    • アキレス腱断裂
    • 手首腱鞘炎
    • 通常の左肩
    • 右肩関節脱臼
    • 股関節滲出液
    • 股関節内出血
    • 肘頭部滑液包炎
    • 膝関節水腫
    • ベーカー嚢腫
    • 転子間骨折
    • 転倒後の股関節痛の状態
    • MCA後の右大腿骨変形状態
    • 橈骨遠位端骨折
    • 骨折尺骨
    • 橈骨シャフト骨折
    • 肋骨骨折
    • 胸骨骨折
    • 骨折の整復
    • 整復後の骨折
  • レッスン:まとめ
    • コース概要
腎臓:コア臨床モジュール

腎臓:コア臨床モジュール

  • レッスン:はじめに
    • 学習者への開示
    • 腎臓の超音波
    • コースの目的
  • 解剖学
    • 通常の腎臓の解剖学
    • 腎実質
    • 腎門
    • 尿管
    • 膀胱の解剖学
    • 前部および後部の潜在的なスペース
  • 超音波解剖学
    • 超音波腎解剖学
    • 超音波膀胱の解剖学
  • トランスデューサーの選択
    • トランスデューサーの選択
  • 腎イメージング
    • 右腎臓のイメージング
    • 長軸イメージング技術
    • 短軸イメージング技術
    • 左腎臓のイメージング
  • 膀胱イメージング
    • 膀胱イメージング
    • イメージング技術
    • 尿管ジェットイメージング
  • 閉塞性尿路疾患
    • 閉塞性尿路疾患
    • 軽度の水腎症
    • 中等度の水腎症
    • 重度の水腎症
  • お客様事例
    • ケーススタディXNUMX:腹痛と腎瘻チューブ
    • 偽陽性水腎症
    • ケーススタディXNUMX:偽陽性水腎症
    • 閉塞性尿路疾患の画像
    • 腎結石のサイズに関連した水腎症の程度
    • 水腎症の検出:超音波とCTおよびIVPの比較
    • 腎結石超音波検査
    • 尿管結石超音波検査
    • ケーススタディXNUMX:再発性尿管疝痛
    • 腎腫瘤
    • 単純な腎嚢胞
    • 複数の腎嚢胞
    • 腎嚢胞
    • ケーススタディXNUMX:予期しない病理
    • 多発性嚢胞腎
    • ケーススタディXNUMX:倦怠感と腹痛
    • ケーススタディXNUMX:腹痛とクマディン
    • 腎腫瘍
    • ケーススタディXNUMX:腎疝痛の疑い
  • サマリー
    • 真珠と落とし穴
    • コース概要

サンプルモジュールスキャン割り当て

提案されたモジュール割り当ては、標準化された超音波トレーニングを学習者に提供しながら、各学習概念を評価可能なスキャンタスクに変えることにより、教訓的な学習と実践的なスキャン指導の間のギャップを埋めます。

乳房:解剖学および生理学モジュール
次のプロトコル割り当てはに基づいています AIUM練習パラメータ。 ただし、さまざまな施設/機関が、以下に概説する手順ガイドラインとは異なる施設固有のプロトコルを持っている場合があることに注意することが重要です。

    上部子宮セグメント
  • ステップ1:[子宮上部セグメント]ウィンドウを選択します。 矢状面と横断面の両方で子宮をスキャンします。
  • ステップ2:正中矢状面の子宮の画像を取得します。 「UterusMid-Sagittal」に注釈を付けて保存します。
  • ステップ3:子宮の長さを測定します。 「子宮中央矢状長」に注釈を付けて保存します。
  • ステップ4:子宮の前後部分を測定します。 「子宮中央矢状高さ」に注釈を付けて保存します。
  • ステップ5:子宮内膜ストライプの前後部分を測定します。 「子宮内膜エコー」に注釈を付けて保存します。
  • ステップ6:横断面の子宮の画像を取得します。 「子宮横」に注釈を付けて保存します。
  • ステップ7:最も広い直径で子宮の幅を測定します。 「子宮横幅」に注釈を付けて保存します。
    右付属器-経腹
  • ステップ1:右のAdnexaウィンドウを選択します。 矢状面と横断面の両方で右付属器をスキャンします。
  • ステップ2:正中矢状面の右腸骨血管の画像を取得します。 「RTAdnexaMid-Sagittal」に注釈を付けて保存します。
  • ステップ3:カラードップラーを使用して、正中矢状面の右付属器を評価します。
  • ステップ4:横断面の右腸骨血管の画像を取得します。 「RTAdnexaTransverse」に注釈を付けて保存します。
  • ステップ5:カラードップラーを使用して横断面の右付属器を評価します。
  • ステップ6:嚢胞性または固形腫瘤の右付属器を評価します。
  • ステップ7:遊離液の適切な付属器を評価します。
  • ステップ8:特定された異常の長さ、幅、高さを測定します。

(続き)

集中心臓超音波(FoCUS)–パートI:高度な臨床モジュール
次のプロトコル割り当てはに基づいています AIUM練習パラメータ。 ただし、さまざまな施設/機関が、以下に概説する手順ガイドラインとは異なる施設固有のプロトコルを持っている場合があることに注意することが重要です。

    右近位総頸動脈
  • ステップ1:右近位総頸動脈ウィンドウを選択します。 矢状面と横断面の両方でスキャンします。
  • ステップ2:矢状面に沿って、血管の全長をキャプチャした右近位総頸動脈の単一の最良のグレースケール画像を取得します。 「SagittalRtProxCommCarotid」に注釈を付けて保存します。
  • ステップ3:横断面に沿って、右近位総頸動脈の単一の最良のグレースケール画像を取得します。 「TransverseRtProxCommCarotid」に注釈を付けて保存します。
  • ステップ4:矢状面に沿って、壁から壁へのカラーフローを示すカラードップラーを使用して、右近位総頸動脈の単一の最良の画像を取得します。 「カラードップラーを使用した矢状RtProx CommCarotid」に注釈を付けて保存します。
  • ステップ5:矢状面に沿って、パルス波ドップラーを使用して右近位総頸動脈の単一の最良の画像を取得します。 「SagittalRtProx Comm Carotid、PSV = [測定値を入力] cm / s、EDV = [測定値を入力] cm / s」に注釈を付けて保存します。
    右中総頸動脈
  • ステップ1:右中頸動脈ウィンドウを選択します。 矢状面と横断面の両方でスキャンします。
  • ステップ2:矢状面に沿って、血管の全長をキャプチャする右中央総頸動脈の単一の最良のグレースケール画像を取得します。 「SagittalRtMidCommCarotid」に注釈を付けて保存します。
  • ステップ3:横断面に沿って、右中央総頸動脈の単一の最良のグレースケール画像を取得します。 「TransverseRtMidCommCarotid」に注釈を付けて保存します。
  • ステップ4:矢状面に沿って、壁から壁へのカラーフローを示すカラードップラーを使用して、右中央総頸動脈の単一の最良の画像を取得します。 「カラードップラーを使用した矢状Rtミッドコム頸動脈」に注釈を付けて保存します。
  • ステップ5:矢状面に沿って、パルス波ドップラーを使用して右中央総頸動脈の単一の最良の画像を取得します。 「SagittalRtMid Comm Carotid、PSV = [測定値を入力] cm / s、EDV = [測定値を入力] cm / s」に注釈を付けて保存します。
  • ステップ6:矢状面に沿って、内膜中膜の厚さをキャプチャする右中央総頸動脈の単一の最良の画像を取得します。 「SagittalRtMid Comm Carotid、IMT = [測定値を入力] cm」に注釈を付けて保存します。

(続き)

妊娠していない正常な子宮のGYN超音波:高度な臨床モジュール
次のプロトコル割り当てはに基づいています AIUM練習パラメータ。 ただし、さまざまな施設/機関が、以下に概説する手順ガイドラインとは異なる施設固有のプロトコルを持っている場合があることに注意することが重要です。

    鎖骨下動脈中部
  • ステップ1:鎖骨下動脈の中央ウィンドウを選択します。 矢状面と横断面の両方でスキャンします。
  • ステップ2:矢状面に沿って、血管の全長をキャプチャする鎖骨下動脈中央部の単一の最良のグレースケール画像を取得します。 「SagittalRtMid Subclavian」に注釈を付けて、保存します。
  • ステップ3:横断面に沿って、鎖骨下動脈中央部の単一の最良のグレースケール画像を取得します。 「TransverseRtMid Subclavian」に注釈を付けて、保存します。
  • ステップ4:矢状面に沿って、壁から壁へのカラーフローを示すカラードップラーを使用して、鎖骨下動脈中央部の単一の最良の画像を取得します。 「SagittalRtMid Subclavian with Color Doppler」に注釈を付けて、保存します。
  • ステップ5:矢状面に沿って、速度測定と波形特性に注意して、パルス波ドップラーで鎖骨下動脈の単一の最良の画像を取得します。 「SagittalRtMid Subclavian、PSV = [測定値を入力] cm / s、EDV = [測定値を入力] cm / s、[Tri / Bi / Mono]波形」に注釈を付けて、保存します。
    中腋窩動脈
  • ステップ1:中腋窩動脈ウィンドウを選択します。 矢状面と横断面の両方でスキャンします。
  • ステップ2:矢状面に沿って、血管の全長をキャプチャする中央腋窩動脈の単一の最良のグレースケール画像を取得します。 「SagittalRtMid Axillary」に注釈を付けて、保存します。
  • ステップ3:横断面に沿って、腋窩動脈中央部の単一の最良のグレースケール画像を取得します。 「TransverseRtMid Axillary」に注釈を付けて、保存します。
  • ステップ4:矢状面に沿って、壁から壁へのカラーフローを示すカラードップラーを使用して、中央腋窩動脈の単一の最良の画像を取得します。 「カラードップラーで矢状Rtミッド腋窩」に注釈を付けて保存します。
  • ステップ5:矢状面に沿って、速度測定と波形特性に注意して、パルス波ドップラーで腋窩動脈中央部の単一の最良の画像を取得します。 「SagittalRtMid Axillary、PSV = [測定値を入力] cm / s、EDV = [測定値を入力] cm / s、[Tri / Bi / Mono]波形」に注釈を付けて保存します。

(続き)

筋骨格系:コア臨床モジュール
    遠位手首の橈骨動脈
  • ステップ1:遠位手首ウィンドウで橈骨動脈を選択します。 短軸ビューと長軸ビューの両方でスキャンします。 動脈系の硬化症または石灰化を支持する生理学的所見のスクリーニング。
  • ステップ2:長軸ビューに沿って、血管の全長をキャプチャする遠位手首の橈骨動脈の単一の最良のグレースケール画像を取得します。 「DistWristでの長軸Ltラジアル」に注釈を付けて保存します。
  • ステップ3:短軸ビューに沿って、遠位手首の橈骨動脈の単一の最良のグレースケール画像を取得します。 「DistWristのShortAxis Lt Radial」に注釈を付けて、保存します。
  • ステップ4:長軸ビューに沿って、壁から壁へのカラーフローを示すカラードップラーを使用して、遠位手首の橈骨動脈の単一の最良の画像を取得します。 「カラードップラーを使用して、手首の長軸Ltラジアル」に注釈を付けて保存します。
  • ステップ5:長軸ビューに沿って、速度測定と波形特性に注意して、パルス波ドップラーで遠位手首の橈骨動脈の単一の最良の画像を取得します。 「DistWristでの長軸Ltラジアル、PSV = [測定値を入力] cm / s、EDV = [測定値を入力] cm / s、[Tri / Bi / Mono]波形」に注釈を付けて保存します。
  • ステップ6:短軸ビューに沿って、遠位手首の橈骨動脈の単一の最良の画像を取得し、「キャリパー」機能を利用して皮膚から血管までの距離を測定します。 「手首の深さでの短軸Ltラジアル= [測定値を入力] cm」に注釈を付けて保存します。
  • ステップ7:短軸ビューに沿って、遠位手首の橈骨動脈の単一の最良の画像を取得し、「キャリパー」機能を利用して最大動脈径を測定します。 「手首の短軸Ltラジアル= [測定値を入力] cm」に注釈を付けて保存します。
    近位手首の橈骨動脈
  • ステップ1:近位手首ウィンドウで橈骨動脈を選択します。 短軸ビューと長軸ビューの両方でスキャンします。 動脈系の硬化症または石灰化を支持する生理学的所見のスクリーニング。
  • ステップ2:長軸ビューに沿って、血管の全長をキャプチャする近位手首の橈骨動脈の単一の最良のグレースケール画像を取得します。 「手首の長軸Ltラジアル」に注釈を付けて保存します。
  • ステップ3:短軸ビューに沿って、手首近位部の橈骨動脈の単一の最良のグレースケール画像を取得します。 「手首の短軸Ltラジアル」に注釈を付けて保存します。
  • ステップ4:長軸ビューに沿って、壁から壁へのカラーフローを示すカラードップラーを使用して、近位手首の橈骨動脈の単一の最良の画像を取得します。 「カラードップラーを使用した手首の長軸Ltラジアル」に注釈を付けて保存します。
  • ステップ5:長軸ビューに沿って、速度測定と波形特性に注意して、パルス波ドップラーを使用して、近位手首の橈骨動脈の単一の最良の画像を取得します。 「ProxWristでの長軸Ltラジアル、PSV = [測定値を入力] cm / s、EDV = [測定値を入力] cm / s、[Tri / Bi / Mono]波形」に注釈を付けて保存します。
  • ステップ6:短軸ビューに沿って、近位手首の橈骨動脈の単一の最良の画像を取得し、「キャリパー」機能を利用して皮膚から血管までの距離を測定します。 「手首の深さでの短軸Ltラジアル= [測定値を入力] cm」に注釈を付けて保存します。
  • ステップ7:短軸ビューに沿って、近位手首の橈骨動脈の単一の最良の画像を取得し、「キャリパー」機能を利用して最大動脈径を測定します。 「手首の短軸Ltラジアル= [測定値を入力] cm」に注釈を付けて保存します

(続き)

腎臓:コア臨床モジュール
    大泉門-コロナル
  • ステップ1:冠状面の大泉門をスキャンします。 頭蓋底の奥深くに軌道が視覚化された、側脳室の前頭角の前の前頭葉の画像を取得します。 「冠状前頭葉」に注釈を付けて保存します。
  • ステップ2:冠状面で、前頭角または側脳室の本体と半球間裂の画像を取得します。 「冠状前頭角」に注釈を付けて保存します。
  • ステップ3:冠状面で、モンロの孔のレベルで側脳室の画像を取得します(側脳室から第三脳室への脈絡叢のコースの概要)、半球間裂、透明中隔腔(発達した場合) 、脳梁、透明中隔腔または透明中隔腔、尾状核、プタミナ、グロビパリディ、およびシルビウス裂。 「冠状第三脳室」に注釈を付けて保存します。
  • ステップ4:冠状面で、モンロの孔(側脳室と第三脳室が連絡する点)の少し後方にある側脳室の画像を取得します。 橋と延髄、視床、脈絡叢を第三脳室の屋根と視床の溝に含めます。 「冠状側脳室」に注釈を付けて保存します。
  • ステップ5:心室指数を両側で測定します。 「VentricularIndex」に注釈を付けて保存します。
  • ステップ6:冠状面で、四丘体プレートの槽と小脳のレベルで画像を取得します。 小脳虫部と大槽を含めます。 「冠状小脳と四丘体プレート」に注釈を付けて保存します。
  • ステップ7:冠状面で、三角のレベルで側脳室の後面にある脈絡叢のエコー源性グロミの画像を取得します。 側脳室の後角の外側の側脳室と脳室周囲白質の分岐点に脳梁の脾臓を含めます。 「側脳室心房の冠状脈絡叢」に注釈を付けて保存します。
  • ステップ8:冠状面で、側脳室の後頭角の後方の画像を取得します。 頭頂葉と後頭葉、および後部半球間裂を含みます。 「冠状頭頂葉と後頭葉」に注釈を付けて保存します。
    大泉門-矢状
  • ステップ1:矢状正中線面で大泉門をスキャンします。 脳梁、透明中隔腔、透明中隔腔、第XNUMX脳室および第XNUMX脳室(存在する場合)、シルビウスの水路、脳幹、小脳虫部、大槽、および溝(存在する場合)を含む正中矢状面の画像を取得します。 「矢状正中線」に注釈を付けて保存します。
  • ステップ2:傍矢状面で、尾側視床溝と脈絡叢を含む右側脳室の画像を取得します。 「ParasagittalRightCaudothalamicGroove」に注釈を付けて保存します。
  • ステップ3:傍矢状面で、右シルビウス裂と脳室周囲領域の画像を取得します。 「傍矢状右シルビウス裂と側頭葉」に注釈を付けて保存します。
  • ステップ4:傍矢状面で、尾側視床溝と脈絡叢を含む左側脳室の画像を取得します。 「ParasagittalLeftCaudothalamicGroove」に注釈を付けて保存します。
  • ステップ5:傍矢状面の大泉門をスキャンします。 左シルビウス裂と脳室周囲領域の画像を取得します。 「傍矢状左シルビウス裂と側頭葉」に注釈を付けて保存します。

(続き)

SonoSimをDMSプログラムに統合する準備はできましたか?

このフォームにご記入ください。すぐにご連絡いたします。

    お問い合わせ  
* SonoSimモジュールは、ARDMSが承認した継続教育評価モデルシステム(AACEEMS)チェックリストの要件を満たし、CMEクレジットに対してARDMSによって認識されます。